伝送ソフトとは?

介護の伝送ソフトとは何か

介護伝送ソフトとは、介護保険と公費を受け取るための請求システムです。介護保険制度では、介護給付金の9割が介護保険と公費から支払われていて、一割が利用者の自費になっています。そして、紙媒体での提出が認められている自治体もありますが、手軽さからほとんどが伝送または磁気媒体での取り扱いとされています。そして、個人情報の漏えいのリスクを考えられると、伝送による請求が一般的となっているのです。国保連に伝送をするには、介護ソフトから給付データをCSVファイルで抽出したうえで、介護伝送ソフトを使ってISDN回線により送信が行われるのです。そして、介護伝送ソフトを使うことで、処理をスムーズに行うことができるのです。介護伝送ソフトは、請求システムを実現させてくれるのです。

介護伝送ソフトのメリットとは

介護伝送ソフトはサービスの提供から保険請求までのすべての処理を一つで行うことができ、かつ、作業の効率化が図られているのです。そして、操作のしやすさや返礼データの扱いやすさなども工夫がされているのです。介護伝送ソフトでは、返戻になったデータを間違いを修正したうえで、翌月以降に再度伝送する必要があり、その作業ももれなく再請求できる仕組みが整えられているのです。インターネットが使える環境であれば、どこからでも利用することができるのです。そして、メールの警告機能がついているので、人の手による間違いを未然に防ぐことができるのです。それによって、経費の削減を行うことを可能にしている素晴らしい方法なのです。